元口移動によるかかり木処理方法の検討

元口移動によるかかり木処理方法の検討

レコードナンバー811112論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00019557NACSIS書誌IDAN10531146
著者名立川 史郎
麻生 臣太郎
澤口 勇雄
書誌名森林利用学会誌
別誌名Journal of the Japan Forest Engineering Society
発行元森林利用学会
巻号,ページ26巻・ 1号, p.15-20(2011-01)ISSN13423134
全文表示PDFファイル (3870KB) 
抄録25年生のスギ人工林において元口移動によるかかり木処理中の張力を測定し,本方式の有効性について検討した。元口移動の方法は(1)そのまま移動させる(方法A),(2)元口に鉄製のそりを挟んで移動させる(方法B),(3)竹を数本並べた敷き木の上を移動させる(方法C)の3種類とした。元口移動に必要な張力の平均値は方法Aで349N,方法Bで320N,方法Cで172Nであり,方法Cでは方法Aや方法Bと比較して49~53%減少した。最大移動距離の平均値は方法Aで3.0m,方法Bで2.5m,方法Cで2.6mとなり,方法間での差は小さかった。かかり木の処理に必要な力を押し倒し方式および回転方式と比較した結果,押し倒し方式では1,107N,回転方式では69Nであったのに対して,元口移動方式の方法Aでは88N,方法Bでは78N,方法Cでは39Nとなり,元口移動方式の方法Cが労働負担軽減の観点から好ましい方法と判断された。
索引語元口移動;木処理方法;検討
引用文献数5
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat