ダイズ苗立枯病の発病におよぼす低温の影響

ダイズ苗立枯病の発病におよぼす低温の影響

レコードナンバー811137論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
著者名清水 基滋
児玉 不二雄
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ61号, p.43-46(2010-12)ISSN0368623X
全文表示PDFファイル (313KB) 
抄録ダイズ苗立枯病の発病におよぼす低温の影響について、まず連作土壌に播種したダイズで検討したところ、低温処理(12℃)によって出芽前立枯率が高まり、腐敗した根からは高頻度にPythium spinosumが分離された。次に、P. spinosumを接種菌に用いて同様の検討をおこなった結果、播種直後からの処理温度が16℃よりも12℃の方が出芽前立枯率は高く、その低温処理期間も長いほど本病の発病が多い傾向にあった。さらに、低温処理期間を2日間と一定にして処理開始時期を播種後1日または2日と遅くすると、低温処理温度が16℃の場合は、播種直後からの低温処理と比較して出芽前立枯率がやや低下する傾向にあったが、低温処理温度が12℃の場合には、いずれの処理開始時期も出芽前立枯率に差が認められず、低温無処理と比較して有意に出芽前立枯率が高かった。以上のことから、ダイズ苗立枯病の耕種的な対策として、低温下での播種を避けることが重要と考えられた。
索引語ダイズ苗立枯病;低温;発病;影響;病;ダイズ苗立
引用文献数8
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat