数種薬剤に耐性を持つキュウリ褐斑病菌に対する各種薬剤の防除効果

数種薬剤に耐性を持つキュウリ褐斑病菌に対する各種薬剤の防除効果

レコードナンバー811144論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
著者名近藤 誠
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ61号, p.76-79(2010-12)ISSN0368623X
全文表示PDFファイル (261KB) 
抄録2008年に宮城県内に分布するキュウリ褐斑病菌の各種薬剤に関する感受性を検定したところ、チオファネートメチル、ジエトフェンカルブ、ボスカリド、ストロビルリンに耐性を示す菌株が確認された。そのうち県内には、チオファネートメチル、ストロビルリン耐性菌およびチオファネートメチル、ボスカリド、ストロビルリン耐性菌が多く分布していることが明らかとなった。2009年にも耐性菌の分布状況を調査したところ、同様の結果であった。これら2タイプの薬剤耐性キュウリ褐斑病菌に対する各種薬剤の防除効果を調査した。供試菌株が耐性を示す系統の薬剤については、防除効果は非常に低かった。その他の供試薬剤では、いずれも高い防除効果が得られた。県内に分布する薬剤耐性キュウリ褐斑病菌に対しては、異なる系統の薬剤を予防散布することで十分な防除効果があることが確認された。また、いずれの供試菌株に対しても効果が見られたのは、TPN水和剤、ポリカーバメート水和剤、フルジオキソニル水和剤であった。
索引語数種;褐斑病;薬剤;耐性;キュウリ
引用文献数7
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat