アカスジカスミカメによる斑点米被害発生要因の解析

アカスジカスミカメによる斑点米被害発生要因の解析

レコードナンバー811155論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
著者名大友 令史
斎藤 真理子
岩舘 康哉
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ61号, p.125-128(2010-12)ISSN0368623X
全文表示PDFファイル (291KB) 
抄録これまで、アカスジカスミカメによる斑点米被害要因については割れ籾や雑草の影響など多くの研究がなされてきたが、これらを体系づけて解析した事例はない。複数の要因を解析し、順列を付けることは、アカスジカスミカメによる斑点米被害対策を講じる上で有効である。そこで斑点米の混入率のほ場間差の要因と斑点米被害を防止するための重要な要因を明らかにする目的で、2003年から2008年に岩手県病害虫防除所が調査をした延べ297ほ場を対象に、これまでの知見を参考とし、各ほ場の斑点米混入率を目的変数、アカスジカスミカメの有無、割れ籾率、本田雑草の有無、畦畔雑草の有無、周辺雑草の有無、殺虫剤によるカメムシ防除の有無の6要因を説明変数として数量化I類により解析した。その結果、影響が大きかったのは順に本田内雑草の有無、カメムシの有無、割れ籾の有無であった。一方、既存の対策として示されている畦畔管理、周辺の草地管理、殺虫剤による防除の影響は低い結果となったが、効果的かつ確実な防除のためには、斑点米被害の原因となりうる要因をどれだけ排除できるかが重要であると考えられる。
索引語アカスジカスミカメ;斑点米被害発生要因;解析
引用文献数14
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat