食肉に対する消費者意識と牛肉の官能評価

食肉に対する消費者意識と牛肉の官能評価

レコードナンバー811192論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014792NACSIS書誌IDAN0007465X
著者名齋藤 薫
奥村 寿章
佐久間 弘典
河村 正
書誌名肉用牛研究会報
別誌名肉用牛研究会報
発行元肉用牛研究会
巻号,ページ90号, p.22-28(2011-01)ISSN03868419
全文表示PDFファイル (4128KB) 
抄録今後の牛肉生産の方向性を検討するため、消費者を対象に食肉に関する意識調査を実施するとともに、消費者型と分析型の二種の官能評価により、消費者の嗜好に関与する官能特性について分析・検討を行った。意識調査では、931名から回答が得られ、牛肉、豚肉および鶏肉でそれぞれ購入等する際に重視する項目の割合が異なる傾向にあった。また、消費者パネルの官能評価結果から、消費者が感じるおいしさには、風味の良さが最も強く関与していると考えられた。消費者パネルと分析型パネルの相関関係を分析した結果、有意性はみられなかったものの、消費者パネルの風味の良さと分析型パネルの牛肉らしい風味との間には強い正の相関関係がみられた。
索引語食肉;消費者意識;午肉;官能評価
引用文献数27
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat