玉露園におけるジシアンジアミド入り被覆尿素の施用効果と窒素施用量の削減

玉露園におけるジシアンジアミド入り被覆尿素の施用効果と窒素施用量の削減

レコードナンバー811237論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016154NACSIS書誌IDAN00143344
著者名堺田 輝貴
吉岡 哲也
久保田 朗
仁田原 寿一
中園 健太郎
成山 秀樹
書誌名茶業研究報告
発行元[出版者不明]
巻号,ページ110号, p.9-18(2010-12)ISSN03666190
全文表示PDFファイル (613KB) 
抄録玉露園において,Dd入り被覆尿素を春肥と秋肥に利用して,Dd入り被覆尿素の収量,品質向上効果を検証するとともに,収量,品質を慣行施肥と同程度に維持しながら,窒素施用量の効率的な削減の可能性を検討した。Dd入り被覆尿素を春肥と秋肥に施用した場合,Ddの硝化抑制効果により,慣行施肥に比べて窒素溶脱が低減した。さらに,土壌中の無機態窒素濃度は慣行施肥より高く推移し,窒素利用率が高まることで,窒素施用量が同等の場合には,収量,品質が向上した。また,窒素施用量を慣行施肥より20%程度削減しても収量,品質は維持できることが示唆された。
索引語玉露園;被覆尿素;施用効果;窒素施用量;削減
引用文献数16
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat