ガンマ線緩照射圃場(ガンマーフィールド)から見つかったニホンナシ(Pyrus pyrifolia (Burm. f.) Nakai)の葉色変異体の特徴

ガンマ線緩照射圃場(ガンマーフィールド)から見つかったニホンナシ(Pyrus pyrifolia (Burm. f.) Nakai)の葉色変異体の特徴

レコードナンバー811372論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名村松 昇
山ノ内 宏昭
伊藤 祐司
増田 哲男
吉岡 照高
武弓 利雄
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ10巻・ 2号, p.143-149(2011-04)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (4710KB) 
抄録放射線育種場のガンマーフィールドで緩照射を行ったニホンナシ‘おさゴールド'において,葉色変異が認められた。変異した枝の部分を切り取り,一般圃場に植栽された実生台木に接ぎ木して養成した結果,全体が黄色~黄緑色(黄緑色型)の葉および斑入りの葉(周縁黄緑色型)を持つ2種類が主に確認された。2004年と2009年の調査比較により,黄緑色変異は非常に安定と考えられた。一方,変異葉の着生程度などにより斑入り変異枝からは5種の枝の変異が認められた。これは斑入り変異が不安定のようであるが,SAM構造は比較的安定と考えられた。“twin sector”(緑色の黄色の斑が並んでいるもの) の存在,光学顕微鏡による葉身横断面の観察結果および後代実生の葉色から,この葉色変異は半優性で遺伝的にヘテロであり,茎頂分裂組織のL2に分布していると考えられた。さらに,得られた変異体の利用法について論議した。
索引語ガンマ線緩照射圃場;ニホンナシ;Pyrus pyrifolia;ガンマーフィールド;葉色変異体;特徴;圃場
引用文献数19
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat