ニホンナシの盛土式根圏制御栽培における底面給水法

ニホンナシの盛土式根圏制御栽培における底面給水法

レコードナンバー811381論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名大谷 義夫
竹澤 雅子
八巻 良和
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ10巻・ 2号, p.217-224(2011-04)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (629KB) 
抄録ニホンナシ‘幸水'の盛土式根圏制御栽培において,初期導入経費削減の可能性を探るため底面給水の導入を試み,給水水位と給水マットの幅が樹体生育,収量および果実品質に及ぼす影響を検討した。給水水位を催芽期以降地面から-2cm,-5cm,-8cmに一定にしたところ,-5cmおよび-8cmは生育半ばから樹体の吸水量が減少し,-8cmでは満開後91日以降-2cmの1/2以下の吸水量となり,葉のしおれが観察された。-2cmは吸水量が多く収量,果実品質が優れた。また,給水水位を-2cmとし,給水マットの幅を20cm,50cm,100cmとしたところ,50cmおよび20cmは生育半ばから樹体の吸水量が減少し,20cm区は満開後91日以降100cmの1/2以下の給水量となり,葉のしおれが観察された。100cm区は吸水量が多く,10a換算収量6.1t,果重373g,糖度12.7%と慣行栽培の2倍程度の多収となったうえ,高品質となることが明らかとなった。さらに,満開後91日から15日間給水水位を-8cmに下げて盛土をpF2.6程度に乾燥させた後,給水水位を-2cmにもどして,樹体の必要量相当の給水とすることで,果重を低下させることなく糖度を向上させることができた。底面給水法は点滴灌水法にくらべ,導入時の灌水関係経費を36%程度に抑えることができると試算される。
索引語ニホンナシ;盛土式根圏制御栽培;底面給水法
引用文献数17
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat