イチゴ夏秋どり栽培におけるウォーターカーテンの利用が施設内環境と果実収量に及ぼす影響

イチゴ夏秋どり栽培におけるウォーターカーテンの利用が施設内環境と果実収量に及ぼす影響

レコードナンバー811384論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名岩崎 泰永
吉田 千恵
松嶋 卯月
伊吹 竜太
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ10巻・ 2号, p.241-247(2011-04)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (546KB) 
抄録イチゴやシュンギクなどの低温期の保温に広く利用されているウォーターカーテンを用い,イチゴ夏秋どり栽培に応用した場合の施設内環境および果実収量に及ぼす影響について,2008および2009年に調査した。2008年はウォーターカーテン区(WC区)と対照区(CNT区)を設定し,2009年はウォーターカーテン区(WC区),遮光区(SHADE区),対照区(CNT区)を設けた。WC区では,日射量を大きく減じることなく葉温および培地温の昇温が抑制され,商品果収量はCNT区の13~14%増加した。一方,SHADE区では日射量は64%に減少したが,葉温や培地温の昇温抑制効果は小さく,果実収量はCNT区よりも低下した。以上のことから,高温期にウォーターカーテンを利用することによって,果実収量を増加させることが可能であることが明らかとなった。
索引語イチゴ夏秋どり栽培;ウォーターカーテン;利用;施設内環境;果実収量;影響
引用文献数24
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat