沖縄県八重山諸島で記録された両生類・爬虫類

沖縄県八重山諸島で記録された両生類・爬虫類

レコードナンバー811555論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014138NACSIS書誌IDAN00064044
著者名桑原 崇
曽我部 陽子
山本 裕太
鳥居 憲親
鈴木 賀与
前潟 光弘
桜谷 保之
書誌名近畿大学農学部紀要 = Memoirs of the Faculty of Agriculture of Kinki University
発行元近畿大学農学部
巻号,ページ44号, p.163-169(2011-03)ISSN04538889
全文表示PDFファイル (3330KB) 
抄録日本の豊かな生物相に対する理解を深めることを目的に、2010年2月28日から3月6日の7日間、近畿大学農学部生態調査班を中心としたメンバーで八重山諸島の石垣島と西表島にて両生類、爬虫類の調査・観察を行った。調査地を含む琉球列島は、地理的変遷から多くの固有種や固有亜種の生息地として知られている。今調査の結果として、全体では両生類が4科6種、爬虫類が5科8種確認され、このうち固有種が7種、固有亜種が3種、国の天然記念物が2種記録された。島ごとでは石垣島で両生類が3科4種、爬虫類が4科4種、西表島では両生類が3科3種、爬虫類が5科8種それぞれ記録された。
索引語両生類;爬虫類;石垣島;西表島;固有亜種;固有種;このうち固有種;調査;日本;生物相
引用文献数11
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat