てん茶の茎部の化学成分特性と食品への利用

てん茶の茎部の化学成分特性と食品への利用

レコードナンバー811566論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20039064NACSIS書誌IDAA12502409
著者名木村 泰子
矢野 早希子
村上 宏亮
南野 貴志
堤 保三
書誌名京都府農林水産技術センター農林センター研究報告. 農業部門 = Bulletin of the Agriculture and Forestry Technology Department, Kyoto Prefectural Agriculture, Forestry and Fisheries Technology Center. Agriculture Section
発行元京都府農林水産技術センター農林センター
巻号,ページ32号, p.6-10(2010-05)ISSN2185596X
全文表示PDFファイル (410KB) 
抄録加工食品等への利用を想定し、栽培方法の異なるてん茶の茎部のテアニン等アミノ酸とカテキン類、カフェイン含量を調査した。また茎部の加熱処理による香味改善および成分の抽出法を検討し、それらを食パン、クッキー、梅漬け、アイスクリームへ利用する際の適切な添加方法及び食品中のテアニン含量を明らかにした。さらに、茎部抽出液の摂取による精神的ストレス低減効果試験を行った。
索引語茎部;利用;てん茶;テアニン;それら;加工食品;想定;栽培方法;アミノ酸;カテキン類
引用文献数11
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat