日本の若年消費者のワインの嗜好及び飲酒スタイル

日本の若年消費者のワインの嗜好及び飲酒スタイル

レコードナンバー811583論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20024867NACSIS書誌IDAA12172756
著者名金内 博子
金内 誠
加納 遥
村上 知未
宮澤 知恵
吉澤 いぶき
宮里 かつ代
森田 明
清野 誠喜
書誌名宮城大学食産業学部紀要 = Journal of Miyagi University School of Food, Agricultural and Environmental Sciences
別誌名宮城大学食産業学部紀要
発行元宮城大学食産業学部
巻号,ページ5巻・ 1号, p.21-33(2011-03)ISSN18806589
全文表示PDFファイル (7784KB) 
抄録我々は20~30代若者について、ワインの飲酒スタイルの調査を行った。その結果、レストランでの特別なお祝いや、外食中にリラックスして楽しむ時にワインを飲むということが示された。さらにパネリストの回答をキーワード分析した結果、ワイン購買時最も重要視しているのは、ワインの価格であることが明らかとなった。次に若い世代の消費者に好まれるワインを検討するために、赤ワインと白ワインの官能評価を行い、主成分分析と回帰分析を用い、解析した。主成分分析の結果、甘味が、調和と総合評価に寄与することが示された。すなわち、若者にとって、甘味はワインの味で最も重要な要素であった。さらに回帰分析を行い、酸味、収斂味、苦味が甘さによって軽減され、また、糖と酸の添加は、香味を調和させることを明らかとした。以上の結果より、若い世代のワイン消費者はコンビニエンスストアやスーパーで安価なワインを購入すること、味に関しては、収斂味あるいは苦味がないワインを好んでいた。従ってワインがソーダやジュースと同様に、「ゴクゴク」と飲めることが望まれていることが、示唆された。
索引語ワイン;世代;味;結果;行い;主成分分析;回帰分析;甘味;調和;収斂味
引用文献数27
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat