長岡市川口武道窪の水稲圃場における玄米タンパク質含有率と葉色との関係

長岡市川口武道窪の水稲圃場における玄米タンパク質含有率と葉色との関係

レコードナンバー811611論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014669NACSIS書誌IDAN00183393
著者名福山 利範
阿部 信行
書誌名新潟大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Niigata University
発行元新潟大学農学部
巻号,ページ63巻・ 2号, p.55-62(2011-03)ISSN03858634
全文表示PDFファイル (513KB) 
抄録中越地震で被災した長岡市川口武道窪の水田32圃場の水稲について、葉色の推移と玄米タンパク質含有率の関係を調査した。8月3日(穂孕み期)から6回測定した葉色(SPAD値)はタンパク質含有率と有意な相関があり、とくに8月17日(乳熟期)のSPAD値はr=0.897と高かった。得られた回帰式により乳熟期のSPAD値33を境界としてタンパク質の高低を分別して収穫することが提案された。玄米タンパク質含有率は、収量、高温ストレスによる障害米出現率とも相関があり、低タンパク質の圃場は少収で米品質の劣ることが示された。
索引語SPAD値;葉色;玄米タンパク質含有率;相関;乳熟期;タンパク質含有率;回帰式;圃場;タンパク質;中越地震
引用文献数8
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat