新潟県沿岸域におけるヤナギムシガレイの年齢と成長及び産卵について

新潟県沿岸域におけるヤナギムシガレイの年齢と成長及び産卵について

レコードナンバー811625論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20006456NACSIS書誌IDAA11650750
著者名小澤 美穂
大西 健美
書誌名新潟県水産海洋研究所研究報告 = Bulletin of Niigata Prefectural Fisheries and Marine Research Institute
発行元新潟県水産海洋研究所
巻号,ページ2号, p.37-44(2009-03)ISSN13465031
全文表示PDFファイル (4234KB) 
抄録(1) 2003年9月~2006年3月に新潟県沿岸域で捕獲された3,580個体を用いて年齢と成長の関係及び産卵にかかわる知見を得ることを目的とした。(2) 透明帯及び不透明帯はそれぞれ1年に1回形成され,輪紋は5月以降に形成されると推察された。(3) 雌雄別にvon Bertalanffyの成長式を求めた。その結果雌雄の成長差は3歳魚から顕著になり,雌は雄より最大体長が大きく,寿命も長いことが示唆された。また,本調査で得られた成長式から計算した満年齢時の体長は,全ての年齢で京都府の結果を上回り,福島県の結果を下回っていた。(4) 雌は130mm以上で約7割,雄は120mm以上で約8割が成熟していた。雌雄とも満2歳以上で再生産に寄与するものと考えられた。(5) 生殖腺指数(GSI)の推移から,産卵盛期は1月下旬から2月と推察された。
索引語雄;雌雄;雌;推察;結果;用いて年齢;形成;Bertalanffy;体長;全て
引用文献数10
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat