汽水域に生息するヤマトシジミにおけるクミルロンの保持と排泄

汽水域に生息するヤマトシジミにおけるクミルロンの保持と排泄

レコードナンバー811698論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010122NACSIS書誌IDAA11818622
著者名増田 稔
亀代 麻衣子
佐藤 清
書誌名Journal of pesticide science
別誌名日本農薬学会誌. 和文編
日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ36巻・ 2号, p.229-234(2011-05)ISSN1348589X
全文表示PDFファイル (458KB) 
抄録シジミは汽水域に棲息しており,河川に流出した農薬の暴露を受け得る。そこで汽水中でのヤマトシジミにおけるクミルロンの保持と排泄に関する調査を実施した。取り込まれたクミルロンの大部分は数日以内に速やかに体外に排泄され,DT50は0.55日,DT90は約16日,BCF SSは30と算出された。一般に水棲生物への化学物質の濃縮性は疎水性と正の相関があるため,クミルロンの濃縮性は低く速やかに排泄されることが予想されたが,シジミ中に取り込まれたクミルロンの一部は長期間保持され,排泄42日でも各組織中で約0.01ppmと検出可能なレベルが残留していた。また,第1相の代謝活性が弱く取り込まれたクミルロンの大部分は親化合物のまま排泄されることがわかった。親化合物以外では第1相反応による代謝物が微量検出されたが,その他代謝物は検出されなかった。この代謝活性の弱さが,低濃度での長期間の体内保持の一因であることが示唆された。
索引語クミルロン;排泄;大部分;濃縮性;代謝活性;代謝物;SS;正の相関;検出;シジミ
引用文献数17
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat