河口干潟における河川由来有機物の動態と底生動物による利用

河口干潟における河川由来有機物の動態と底生動物による利用

レコードナンバー811732論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015063NACSIS書誌IDAN00193852
著者名坂巻 隆史
書誌名日本生態學會誌
別誌名日生態会誌
Jpn. j. ecol
Japanese journal of ecology
日本生態学会誌
発行元日本生態学会暫定事務局
巻号,ページ61巻・ 1号, p.63-69(2011-03)ISSN00215007
全文表示PDFファイル (5028KB) 
抄録河川由来有機物の河口域の有機物プールへの寄与や二次生産への役割は、世界各地で研究されている。しかし、河口域における河川由来有機物の生態学的な重要性については、河口によって異なる結論が導かれており一貫した傾向は示されていない。では、河口域における河川由来有機物の動態と生物による利用を左右するのはどのような因子なのだろうか。本稿ではそのような視点から、筆者がこれまでに行ってきたフィールド研究を中心に既往の知見を整理した。その結果、河口域に生息する二次生産者にとっての河川由来有機物の重要性が、河口へ流入する河川由来有機物の質・量・サイズ、河口域に生息する生物の摂餌・同化における選択性、および微生物作用による有機物の質的改変によって大きく変わるものと考えられた。今後、これらの因子の勾配上に河口域を配して考えることで、これまで河口ごとに異なる結論が導かれてきた河口域生態系における河川由来有機物の役割についての知見を統一的に整理することが可能となるかもしれない。
索引語河口域;河川由来有機物;河口;生物;役割;重要性;結論;因子;知見;整理
引用文献数31
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat