樹冠内の光環境を考慮して評価したヨーロッパブナ成木の光合成へのオゾン影響

樹冠内の光環境を考慮して評価したヨーロッパブナ成木の光合成へのオゾン影響

レコードナンバー811734論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015063NACSIS書誌IDAN00193852
著者名北尾 光俊
書誌名日本生態學會誌
別誌名日生態会誌
Jpn. j. ecol
Japanese journal of ecology
日本生態学会誌
発行元日本生態学会暫定事務局
巻号,ページ61巻・ 1号, p.83-87(2011-03)ISSN00215007
全文表示PDFファイル (405KB) 
抄録ドイツ、ミュンヘン工科大学では、2000~2006年の7年間に渡り、樹齢60年、樹高約30メートルのヨーロッパブナ林にタワーを建て、成木全体へのオゾン(O3)暴露実験を行ってきた。ヨーロッパブナ(Fagus sylvatica L.)は、ほとんどの葉が樹冠頂から数メートルの狭い範囲に密集しており、少しの位置の違いで生育する光環境が大きく異なるという特徴を持つ。光環境の違いは光合成特性を変化させ、O3による光合成影響を不明瞭にするため、ヨーロッパブナ成木の個々の葉が実際に受ける受光量を考慮に入れて、O3影響の再評価を行った。結果として、O3暴露により気孔が閉鎖することが、光合成速度の低下の主要因であることが明らかとなった。これらの一連の野外暴露実験の研究成果を基に、O3が樹木の成長に及ぼす影響について考察する。
索引語葉;違い;光環境;2006年;樹高約30メートル;数メートル;一連;影響;ヨーロッパブナ;暴露実験
引用文献数31
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat