ショウガ科植物から分離された青枯病菌の系統とそれらの寄主範囲

ショウガ科植物から分離された青枯病菌の系統とそれらの寄主範囲

レコードナンバー811738論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014149NACSIS書誌IDAN0019269X
著者名矢野 和孝
川田 洋一
堀田 光生
曵地 康史
土屋 健一
書誌名日本植物病理學會報 = Annals of the Phytopathological Society of Japan
別誌名Japanese journal of phytopathology
日本植物病理学会報
発行元日本植物病理學會
巻号,ページ77巻・ 2号, p.88-95(2011-05)ISSN00319473
全文表示PDFファイル (5631KB) 
抄録rep-PCRによるDNAフィンガープリント解析で異なるDNAパターンを示すショウガ科植物分離株の系統(I型,II型)と,ショウガ科植物やナス科植物などに対する病原性との関連について解析した。I型の菌株はいずれも,ショウガ,ミョウガ,クルクマに対して強い病原カを示したが,トマト,ナス,ピーマンに対する病原性は弱く,Musa velutinaに対しては非病原性であった。一方,II型菌株は,ショウガ,ミョウガ,トマト,ナス,ピーマンおよびM. velutinaに対する病原性が強く,クルクマに対しては弱かった。なお,土壌灌注接種や低温下では,II型の菌株のミョウガに対する病原力が低下した。1995~2009年にショウガ科植物から分離された青枯病菌の系統をPCR法で解析した結果,ミョウガおよびクルクマではI型のみが,ショウガではI型とII型が分離された。以上の結果から,ショウガ科植物から分離された青枯病菌は,それらの系統と病原性には関連性があり,ショウガ科植物分離株の系統を植物への接種試験によっても識別できる可能性が示唆された。
索引語クルクマ;I型;病原性;系統;ミョウガ;ショウガ;解析;青枯病菌;ショウガ科植物;分離
引用文献数24
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat