牛コロナウイルス国内流行株の抗原性比較解析と病原性試験

牛コロナウイルス国内流行株の抗原性比較解析と病原性試験

レコードナンバー811870論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20006776NACSIS書誌IDAA11657206
著者名菅野 徹
石原 涼子
畠間 真一
内田 郁夫
山岸 麻衣子
石川 義春
門田 耕一
書誌名動物衛生研究所研究報告
発行元農業技術研究機構動物衛生研究所
巻号,ページ117号, p.19-25(2011-02)ISSN13472542
外部リンク
全文表示PDFファイル (4525KB) 
抄録牛コロナウイルスの国内流行株の抗原性比較解析を行った。4つの遺伝子型に属すウイルス株間には中和抗原性に差が認められたが,血清型の相違を示す程度ではなかった。遺伝子型1に属す掛川株に対する中和モノクローナル抗体4H4は,2,3および4型ウイルスに対する中和能が大きく低下していた。4H4に対する中和抵抗性変異株の解析により中和抗原部位がS蛋白の284番目のアミノ酸であることを特定した。掛川株および熊本株を牛に経口接種し,病原性再現試験を行った。熊本株を接種した牛には発熱,下痢などの典型的な症状が認められ,血漿,鼻汁,糞便からウイルス遺伝子が検出された。病理組織学的解析により,回腸を主に腸管全域における病変が認められたが,ウイルス遺伝子および抗原検出の結果は,その他にも鼻甲介粘膜,気管粘膜,肺および第1-4胃においてもウイルスが増殖することを示した。
索引語熊本株;牛;ウイルス遺伝子;属すウイルス株間;属す掛川株;284番目;掛川株;接種;病理組織学的解析;腸管全域
引用文献数9
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat