ピート栽培における培地量と給液制御方法がイチゴの生育と収量に及ぼす影響

ピート栽培における培地量と給液制御方法がイチゴの生育と収量に及ぼす影響

レコードナンバー811885論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015342NACSIS書誌IDAN00033029
著者名吉田 裕一
廣瀬 泰久
森本 由香里
後藤 丹十郎
書誌名岡山大學農學部學術報告 = Scientific report of the Faculty of Agriculture, Okayama University
別誌名Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
岡山大学農学部学術報告
発行元岡山大學農學部
巻号,ページ100号, p.17-23(2011-02)ISSN04740254
全文表示PDFファイル (581KB) 
抄録イチゴの養液栽培における株当たりの培地量と給液制御方法(給液頻度)の影響について‘女峰’,‘アスカルビー’,‘章姫’,‘とちおとめ’の4品種を用いて検討した。本実験で最小の培地量0.6L/株でも給液頻度が生育・収量に影響することはなかった。培地量が少なくなるほど総収量,平均果実重と収穫終了時の地下部乾物重は減少する傾向にあったが,収穫果実数と収穫終了後のランナー発生,子株の成長には差が認められなかった。収量と根の乾物重にはピートバッグ(2.25L/株)とボウル型プランター(0.6-1.5L/株)の間に大きな差があった。両者と培地量との間には有意な非線形(2次)の回帰が認められ,根域や容器外縁の形状,排水性など培地量以外の要因が収量と根の成長に影響している可能性が高いと考えられた。
索引語給液頻度;株;培地量;収量;影響;根;成長;差;イチゴ;養液栽培
引用文献数10
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat