エジプト紅海沿岸のマングローブ林の林分構造

エジプト紅海沿岸のマングローブ林の林分構造

レコードナンバー811888論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015342NACSIS書誌IDAN00033029
著者名吉川 賢
井上 正樹
吉森 一道
中島 敦司
寺南 智弘
松尾 奈緒子
萬城 遼
宮本 千晴
書誌名岡山大學農學部學術報告 = Scientific report of the Faculty of Agriculture, Okayama University
別誌名Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
岡山大学農学部学術報告
発行元岡山大學農學部
巻号,ページ100号, p.39-51(2011-02)ISSN04740254
全文表示PDFファイル (871KB) 
抄録アラビア半島沿岸と紅海のアフリカ側沿岸に成立しているマングローブ林は,種組成の単純さと生育環境の厳しさによって,世界の他の地域のマングローブ林と大きく異なるものである。ここのマングローブ林は不規則で滅多に起こらない洪水に依存して,ワジの入り口やラグーンの内側に,パッチ状に小さな林分を形成している。ほとんどの林分はヒルギダマシ(Avicennia marina)の純林で,紅海の南部では一部でヤエヤマヒルギ(Rhizophora mucronata)が混生する。本研究ではそのヒルギダマシ林の林分構造を解析し,本種の再生産戦略や林分動態について検討した。林分密度が1,000から2,000本/haの林分を3つ選んだ。最大樹高は6.8mしかなく,紅海の高い塩分濃度が本種の成長を強く抑制していることが示唆された。林分の縁が海に開いている林分では,林内への波や風の影響を抑制するために,高密度のマント群落が発達していた。林分の陸側でも乾燥によって成長が抑制されていた。どの林分でも林床には高密度な稚樹バンクを持っていたが,林外での更新は限られていた。
索引語林分;紅海;マングローブ林;抑制;本種;成長;ワジ;ほとんど;ヒルギダマシ;ヤエヤマヒルギ
引用文献数42
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat