宮城県産サンマ缶詰のカーボンフットプリント

宮城県産サンマ缶詰のカーボンフットプリント

レコードナンバー811926論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20000624NACSIS書誌IDAA11546908
著者名渡邊 一仁
石田 理
矢野 歳和
田原 聖隆
書誌名宮城県水産研究報告
別誌名Miyagi Prefectural report of fisheries science
Miyagi Pref. Rep. Fish. Sci.
宮城県水産研究報告
宮城水産研報
発行元宮城県水産研究開発センター
巻号,ページ10号, p.25-32(2010-03)ISSN13464329
全文表示PDFファイル (526KB) 
抄録これまでサンマを対象としたLCAは報告されていなかったが,大衆魚であるサンマ業を対象にしたカーボンフットプリントを定量化することができた。本研究から次の結論が得られた。1. 平成20年は総漁獲量が大きく豊漁であった前提条件の下で,サンマ缶詰におけるCO2量は加工段階と漁獲段階で大きかった。2. 現場のデータを積み上げることで,サンマ1 kg漁獲するにあたり,19トン型のサンマ船で687 g,199トン型のサンマ船で287 gのCO2を排出しており,サンマ平均では,380 gと推定された。3. また,サンマの缶詰1缶 (150 g) あたりのカーボンフットプリントは157.4 gであることが試算された。4. 新宮城丸で運航速度の制限による効果を検証したところ,1航海当たり400 Lの燃油削減効果が得られ,燃油コストで1日あたり28,000円,CO2では1日あたり1.2 tの削減が確認された。5. 単位燃油消費あたり漁獲量という指標が今後の漁業評価や漁業政策で有効に活用されるべきである。
索引語CO2;カーボンフットプリント;サンマ船;LCA;平成20年;加工段階;漁獲段階;サンマ;漁獲量;あたり
引用文献数8
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat