牛房内の照度が黒毛和種繁殖牛の行動と生理に及ぼす影響

牛房内の照度が黒毛和種繁殖牛の行動と生理に及ぼす影響

レコードナンバー811958論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015170NACSIS書誌IDAN00250548
著者名玉城 政信
高堂 祐介
赤嶺 光
波平 知之
Hossain Md.A.
書誌名琉球大学農学部学術報告 = The science bulletin of the College of Agriculture, University of the Ryukyus
別誌名The science bulletin of the Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus
発行元琉球大学農学部
巻号,ページ57号, p.37-39(2010-12)ISSN03704246
全文表示PDFファイル (232KB) 
抄録牛舎環境における照度の違いが黒毛和種雌牛の行動,飼料摂取量,体重および血液性状に及ぼす影響について調べた。研究は低照度環境区(270Lux)および対照環境区(9931Lux)を設定し,I期11日間のIII期反転法で行った。供試牛は分娩2ヵ月後から分娩予定2ヵ月前までの黒毛和種繁殖雌牛6頭を用いた。給餌は濃厚飼料を1kg/日給与,粗飼料は細断したものを不断給餌した。低照度環境区では攻撃,威嚇および逃避行動が対照環境区に比べて低い値となった。乾物摂取量,体重および血液性状は両区で有意な差は認められなかった。低照度環境区における黒毛和種繁殖雌牛の群飼は行闘争行動を抑制する可能性が考えられた。
索引語低照度環境区;体重;血液性状;対照環境区;供試牛;黒毛和種繁殖雌牛;群飼;行闘争行動;照度;行動
引用文献数7
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat