凍り豆腐がラット肝臓でのコレステロール代謝に及ぼす影響

凍り豆腐がラット肝臓でのコレステロール代謝に及ぼす影響

レコードナンバー812041論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005621NACSIS書誌IDAN00117854
著者名高橋 陽子
書誌名食品総合研究所研究報告 = Report of National Food Research Institute
別誌名Rep. Nat'l Food Res. Inst
食総研報
発行元農林省食品総合研究所
巻号,ページ75号, p.33-38(2011-03)ISSN03019780
全文表示PDFファイル (402KB) 
抄録コレステロール代謝への凍り豆腐の影響を,大豆タンパク質とイソフラボンによる影響と比較した。ラットの血清コレステロール濃度は,カゼインと比べ凍り豆腐と大豆タンパク質摂取により有意に低下した。肝臓でのコレステロール代謝関連遺伝子の発現量は,凍り豆腐と大豆タンパク質により変化した。コレステロール合成系酵素は減少し,胆汁酸合成律速酵素とコレステロール排出輸送体は減少した。一方,イソフラボンは血清コレステロール濃度や遺伝子発現に影響を与えず,食餌タンパク質源との相互作用もほとんどなかった。よって,血清コレステロール濃度の低下作用は凍り豆腐のタンパク質成分に由来し,肝臓でのコレステロール合成の抑制と胆汁酸の排出促進によるものと考えられた。
索引語凍り豆腐;影響;血清コレステロール濃度;大豆タンパク質;イソフラボン;肝臓;減少;コレステロール代謝;低下;コレステロール合成
引用文献数8
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat