新形質小麦品種・系統の小麦粉ブレンドによる製パン適性の向上技術

新形質小麦品種・系統の小麦粉ブレンドによる製パン適性の向上技術

レコードナンバー812104論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010231NACSIS書誌IDAA11655277
著者名吉川 亮
中村 和弘
伊藤 美環子
書誌名東北農業研究センター研究報告 = Bulletin of the National Agricultural Research Center for Tohoku Region
別誌名Bulletin of Tohoku Agricultural Research Center
Bulletin of the Tohoku Agricultural Research Center
Bull. Natl. Agric. Res. Cent. Tohoku Reg.
東北農研研報
独立行政法人農業技術研究機構東北農業研究センター研究報告
発行元東北農業研究センター
巻号,ページ113号, p.97-122(2011-03)ISSN13473379
全文表示PDFファイル (16587KB) 
抄録高分子量グルテニンサブユニット5+10 (HMW-GS 5+10) の有無、アミロース含量及びもち・うるち性などの異なる品種・系統を用いて、小麦粉のブレンドによる生地物性および製パン適性(中種生地法)のそれぞれの改良効果について検討した。(1)パン用2品種・系統間の50%:50%のブレンドでは、少なくとも片方の品種・系統がHMW-GS 5+10を持つ場合、生地物性および製パン適性の改良効果が高かった。一方、HMW-GS 5+10を持たない品種・系統のブレンドでは、それらの改良効果は低かった。(2)超強力系統「東北221号」は通常のパン用強力品種・系統と50%:50%でブレンドすると、一般に生地物性が飛躍的に改善されてカナダ産「1CW」並の強い生地特性を示し、HMW-GS 5+10を持たない品種・系統の製パン適性を改善した。(3)低アミロース品種・系統とパン用品種「ハルイブキ」または市販強力粉との50%:50%のブレンドでは、パン体積が大きく、パン内相が柔らかく、パンの味が良くなり、官能評価が向上した。(4)もち性品種・系統とうるち性品種との小麦粉ブレンド(もち性ブレンド比率10-20%) でも、うるち性にHMW-GS 5+10を持つ品種を用いると製パン適正の改良効果が高かったが、それを持たない品種では改良効果はみられなかった。また、パン用品種「ハルイブキ」に、もち性有望系統を0-100%ブレンドした場合、一般にもち性ブレンド比率30%において製パン適性が最も高かった。
索引語系統;品種;ブレンド;改良効果;製パン適性;ハルイブキ;生地物性;パン;うるち性;改善
引用文献数37
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat