日本産イボトビムシ科の3新種と1新記録種

日本産イボトビムシ科の3新種と1新記録種

レコードナンバー812181論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00017632NACSIS書誌IDAN00334874
著者名田中 真悟
長谷川 元洋
書誌名Edaphologia
発行元日本土壌動物研究会
巻号,ページ87号, p.9-20(2010-10)ISSN03891445
全文表示PDFファイル (563KB) 
抄録イボトビムシ科の3新種を記載し,日本新記録の1種を再記載した。クニガミイボトビムシ(新称) Vitronura kunigamiensis sp. nov.は触角イボにD,E毛がなく,頭頂イボにO毛がない;眼イボにp毛がない;小型で体剛毛が短いなどの特徴がある。ヤンバルイボトビムシ(新称)Propeanura yambaru sp. nov.は頭頂イボにO毛がある;爪に内歯がある;後頭部の背側イボの毛は1本;胸部第Ⅰ節の背内イボの毛は1本;第Ⅱ,Ⅲ節の背内イボの毛は1本;そして腹部第Ⅴ節のイボが3対あることなどの特徴がある。ニイジマイボトビムシ(新称)Neanura (Deutonura) niijimae sp. nov.は小型種;白色で眼だけ青;後頭部の背側イボの毛は6本;胸部第Ⅱ節の背内イボの毛は1本;腹部第Ⅰ-Ⅲ節の背内イボの毛は2本;そして触頂イボにB-D片がないなどの特徴がある。北朝鮮の森林でのみ知られていたキシベイボトビムシ(新称)Yuukianura szeptyckii Deharveng and Weiner,1984が福岡市内の川岸の砂中で大量に発見された。日本新記録である。
索引語新称;日本新記録;触角イボ;E毛;頭頂イボ;O毛;眼イボ;p毛;体剛毛;福岡市内
引用文献数15
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat