ネズミムギに対する主要ムギ類用土壌処理型除草剤の防除効果

ネズミムギに対する主要ムギ類用土壌処理型除草剤の防除効果

レコードナンバー812279論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015078NACSIS書誌IDAN00097258
著者名浅井 元朗
與語 靖洋
書誌名雑草研究
別誌名日本雑草学会会報
Journal of weed science and technology
Weed research
発行元日本雑草防除研究会
巻号,ページ55巻・ 4号, p.258-262(2010-12)ISSN0372798X
全文表示PDFファイル (343KB) 
抄録ムギ類対象の主要な土壌処理型除草剤10剤によるネズミムギ(イタリアンライグラス)の防除効果を野外ポット試験により比較した。単剤の播種後出芽前処理においてはペンディメタリン剤と比較してトリフルラリン剤、プロスルホカルブ剤の防除効果が高かった。ペンディメタリン、トリフルラリンともに単剤よりもそれを含有する混合剤による防除効果が高かった。プロスルホカルブ乳剤は播種後出芽前、コムギ1葉期処理、コムギ2葉期処理のいずれもトリフルラリン含有剤と同等の防除効果を示した。
索引語ネズミムギ;主要ムギ類用土壌処理型除草剤;防除効果
引用文献数8
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat