相模湾産マナマコ属の分類学的再検討

相模湾産マナマコ属の分類学的再検討

レコードナンバー812316論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20012308NACSIS書誌IDAA11768091
著者名倉持 卓司
長沼 毅
書誌名生物圏科学
別誌名Biosphere science
Journal of the Graduate School of Biosphere Science, Hiroshima University
広島大学大学院生物圏科学研究科紀要
J. Grad. Sch. Biosp. Sci., Hiroshima Univ
発行元広島大学大学院生物圏科学研究科
巻号,ページ49巻・ p.49-54(2010-12)ISSN13481371
全文表示PDFファイル (2445KB) 
抄録相模湾より得られたマナマコ属genus Apostichopus(Liao, 1980)を再検討した結果,これまでマナマコApostichopus japonicus(Selenka. 1867)とされていた種類には,真のマナマコApostichopus armata(Selenka, 1867)とアカナマコApostichopus japonicus(Selenka, 1867)の2種類が含まれている結果が得られた。この結果は,kanno et al.(2003)により報告された遺伝的に異なる日本産Apostichopus属の2つの集団(アカとアオ・クロ)と一致する。
索引語相模湾産マナマコ属;分類学的再検討
引用文献数17
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat