クルマエビ尾肢外肢への切込み程度による標識の残存性(短報)

クルマエビ尾肢外肢への切込み程度による標識の残存性(短報)

レコードナンバー812336論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035924NACSIS書誌IDAA12374455
著者名丸山 拓也
山根 史裕
書誌名三重県水産研究所研究報告 = Bulletin of Mie Prefecture Fisheries Research Institute
別誌名三重県水産研究所研究報告
三重水研報
発行元三重県水産研究所
巻号,ページ20号, p.33-36(2011-03)ISSN18838812
全文表示PDFファイル (2525KB) 
抄録放流用のクルマエビ種苗の尾肢外肢に4段階の深さの切込みを施して193日間飼育し, 再生後の形状と標識としての有効性を比較した。外肢長の3/4以上に切込みを施した試験区では全ての個体に明瞭な変形がみられ,標識として有効であった。一方,1/2以下の切込み区では正常型の再生例が出現し, 標識が無効な例体もみられた。したがって尾肢外肢への切込みを標識として利用する場合には,外肢長の3/4以上に切込むことが必要であることが示された。
索引語肢;クルマエビ;標識;残存
引用文献数4
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat