24℃以下で生じるセーシェル在来トウガラシ(Capsicum chinense)の生育異常

24℃以下で生じるセーシェル在来トウガラシ(Capsicum chinense)の生育異常

レコードナンバー812482論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009245NACSIS書誌IDAN10074361
著者名小枝 壮太
竹崎 あかね
磯村 由紀
矢澤 進
書誌名京大農場報告 = Bulletin of the Experimental Farm, Kyoto University
別誌名Bulletin of Experimental Farm, Kyoto University
発行元京都大学農学部附属農場
巻号,ページ19号, p.15-20(2010-12)ISSN09150838
全文表示PDFファイル (3565KB) 
抄録本研究室がセーシェル諸島より導入したトウガラシ品種の中に、日本で育成すると全ての実生が揃って季節依存的な縮葉を発現し、生育が著しく不良となるものを見出した。本実験では、セーシェル在来トウガラシ‘Sy-2’(Capsicum chinense)の縮葉発現を引き起こす要因を検討した。ハウスおよび恒温器での生育調査より、日長は‘Sy-2' の縮葉発現に関与せず、生育温度が24℃を下回る場合に縮葉は発現した。また、1日に8時間以上24℃に遭遇すると、‘Sy-2’の縮葉は発現した。接木を行うと、28℃ではいずれの接木組み合わせでも縮葉発現が認められず、20℃では穂木が‘Sy-2’の場合には台木が他のC. chinense、強い低温耐性を持つC. baccatum、‘Sy-2’のいずれでも縮葉が発現した。このことから、‘Sy-2’の茎葉部が24℃以下の生育温度にさらされると、縮葉が発現すると考えられた。
索引語Capsicum chinense;生育異常;セーシェル在来トウガラシ
引用文献数15
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat