長野県における大気中揮発性有機化合物の挙動

長野県における大気中揮発性有機化合物の挙動

レコードナンバー812516論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20019898NACSIS書誌IDAA12038083
著者名村上 隆一
佐々木 一敏
土屋 としみ
原田 勉
横内 陽子
書誌名長野県環境保全研究所研究報告
別誌名Bulletin of Nagano Environmental Conservation Research Institute
長野県環境保全研究所研究報告書
発行元長野県環境保全研究所
巻号,ページ7号, p.7-12(2011-03)ISSN1880179X
全文表示PDFファイル (457KB) 
抄録長野県では1997年以降県内各地点で揮発性有機化合物の調査を継続している。ベンゼン,トリクロロエチレン,テトラクロロエチレン,ジクロロメタン,クロロホルム,アクリロニトリル,1,3-ブタジエン及び1,2-ジクロロエタンの挙動について解析を行ったところ,ベンゼン,トリクロロエチレン,テトラクロロエチレン及び1,3-ブタジエンに減少傾向がみられた。全国の大気中濃度との比較では,松本渚交差点のベンゼン,岡谷市のトリクロロエチレン及びジクロロメタンが高い傾向にあった。また,北アルプスの八方尾根における調査では,ベンゼン及びジクロロメタンで,時折突発的に高い濃度が観測された。近傍の発生源がほとんど皆無なことから,他地域からの影響が考えられた。HFC134aやHCFC142bついては,環境省の調査(北海道)で増加していることが知られているが,八方尾根においても増加傾向がみられた。
索引語長野県;大気中揮発性有機化合物;挙動
引用文献数5
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat