愛知県内における鳥類の経年変化(1)

愛知県内における鳥類の経年変化(1)

レコードナンバー812529論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014218NACSIS書誌IDAA11152050
論文副題山野で繁殖する鳥
著者名清水 美登里
木村 耕一
書誌名愛知県環境調査センター所報 = Bulletin of Aichi Environmental Research Center
発行元愛知県環境調査センター
巻号,ページ38号, p.21-30(2011-03)ISSN21864624
全文表示PDFファイル (6192KB) 
抄録愛知県では、1967年から県内約20地点で鳥類生息調査を行っている。また、これらの調査結果を取りまとめた「愛知の野鳥」を発行している。近年では、繁殖するために日本に渡来する鳥が全国的に減少していると言われている。そこで、愛知県内で繁殖している鳥のうち、夏鳥であるアカショウビン、サンショウクイ、コマドリ、キビタキ、オオルリ、サンコウチョウと、留鳥であるヤマセミ、カワガラス、ミソサザイに注目して、鳥類生息調査結果をもとに主な調査地点ごとの鳥類生息数の経年変化をまとめた。
索引語愛知県内;鳥類;経年変化;山野;繁殖;鳥
引用文献数8
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat