竹繊維を利用した建築材料の吸音特性

竹繊維を利用した建築材料の吸音特性

レコードナンバー812530論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014218NACSIS書誌IDAA11152050
著者名芳澤 宏之
馬越 元成
岡本 春彦
浅井 規和
成瀬 治興
書誌名愛知県環境調査センター所報 = Bulletin of Aichi Environmental Research Center
発行元愛知県環境調査センター
巻号,ページ38号, p.31-34(2011-03)ISSN21864624
全文表示PDFファイル (2286KB) 
抄録環境省の「地域の産学官連携による環境技術開発基盤整備モデル事業」において、竹繊維を有効利用した建築材料を各種製造条件で試作するとともに、それぞれの吸音率を測定し、その結果について比較検討を行っている。試作の過程で繊維量が多く厚い試作品の吸音率が高くなったが、最も吸音率の高い試作品においても、同厚の市販グラスウール製品と比較すると、吸音率が下回る結果が得られている。しかし、成長の早い竹の有効利用法を検討することは、回復可能な資源の活用でもあり、放置された竹林の管理にも役立つものと考える。
索引語竹繊維;利用;建築材料;吸音特性
引用文献数1
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat