農工連携によるブンタンの加工利用推進研究

農工連携によるブンタンの加工利用推進研究

レコードナンバー812541論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012372NACSIS書誌IDAN10370590
論文副題ブンタン果汁の微生物汚染について
著者名岡本 佳乃
杉本 篤史
上東 治彦
書誌名高知県工業技術センター研究報告
別誌名The report on works of Kochi Prefectural Industrial Technology Center
高知県工業技術センター報告
Reports of Industrial Technology Center of Kochi Prefecture
発行元高知県工業技術センター
巻号,ページ41号, p.13-15(2010-12)ISSN09168729
全文表示PDFファイル (194KB) 
抄録ブンタンの加工利用推進研究の一環として、果汁のpHやBrix、滴定酸度、微生物数を測定した。その結果、ブンタン果汁はユズ果汁と比べて有機酸含量が少なく、糖含量は多いという特徴が見られた。ユズ果汁は有機酸含量が多いためpHが2.5と非常に低く、さらに糖含量も少なく微生物の生存に適さない環境であることから、冷凍による殺菌効果が見られる。一方、ブンタンやポンカン果汁は、有機酸がユズの18%しか含まれておらずpHが3.2~3.8と高くなり、糖含量は250~675%と非常に多く含まれていることから、微生物の生存にユズよりも適した環境である。このことから、ブンタンやポンカン果汁では冷凍殺菌効果が顕著には見られなかった。
索引語農工連携;ブンタン;加工利用推進研究;ブンタン果汁;微生物汚染
引用文献数2
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat