湖沼におけるクロロフルオロカーボン類汚染と水循環

湖沼におけるクロロフルオロカーボン類汚染と水循環

レコードナンバー812556論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016414NACSIS書誌IDAN0024866X
著者名宮原 裕一
浅井 和由
山本 雅道
書誌名陸水學雜誌
別誌名Japanese journal of limnology
発行元日本陸水學會
巻号,ページ72巻・ 1号, p.41-55(2011-04)ISSN00215104
全文表示PDFファイル (8063KB) 
抄録わが国で初めて,湖水中のクロロフルオロカーボン類(CFCs)濃度の測定を,長野県の代表的な湖沼である諏訪湖および木崎湖において行った。諏訪湖では,大気との気-液平衡では説明しきれない高濃度のCFC-113が検出された。これは,過去の産業活動で放出されたCFC-113による土壌や地下水の汚染が原因と考えられた。このため諏訪湖では,気-液平衡を保つため,湖水から大気中へCFC-113を放出していると考えられた。一方,木崎湖では表層と下層のCFCs濃度に差が見られたが,その濃度は,水温成層形成の過程で,湖水が大気と接していたときの水温で説明できた。また,木崎湖では,CFCsと主要イオンの鉛直分布いずれも,湖水の水温成層をよく反映していた。海外での報告と同様,わが国の湖沼においても,CFCsは湖水の混合や循環に関し,化学トレーサーとなり得ることが示された。
索引語湖沼;クロロフルオロカーボン類汚染;水循環
引用文献数19
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat