印旛沼におけるバクテリアの季節変動パターン及び変動要因の解明

印旛沼におけるバクテリアの季節変動パターン及び変動要因の解明

レコードナンバー812558論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016414NACSIS書誌IDAN0024866X
著者名鏡味 麻衣子
石鍋 順子
書誌名陸水學雜誌
別誌名Japanese journal of limnology
発行元日本陸水學會
巻号,ページ72巻・ 1号, p.65-70(2011-04)ISSN00215104
全文表示PDFファイル (425KB) 
抄録印旛沼は日本で最も富栄養な湖のひとつである。水質と密接に関係のあるプランクトンの生態に関する研究はされていない。本研究ではプランクトンの中でもバクテリアについて,その季節変動パターンおよび変動要因を明らかにするため,2009年4月から10月にかけて週1回の調査を行った。バクテリアの密度に影響を与えるボトムアップ効果として窒素・リン・有機物(クロロフィルa,懸濁態リン),トップダウン効果として捕食者(鞭毛虫)を考慮に入れ,これら要因がバクテリアの密度に与える影響の相対的重要性について検討した。バクテリアの密度は約1.8~9.5×10 6cells mL-1の間で変動し4月下旬に最大となった。重回帰分析の結果,バクテリア数は懸濁態リンとは正の相関,鞭毛虫とは負の相関がみられたが,水温,栄養塩濃度(窒素,リン),クロロフィル濃度との間には有意な関係は認められなかった。懸濁態リンとの関係はあったがクロロフィル量との関係がみられなかったことから,外来性の物も含め有機物量全体がバクテリアの変動を制限していると考えられた。栄養塩のうち,リン濃度は非常に低く,バクテリア密度との間には関係がみられなかったが,バクテリアの成長を制限しているのかもしれない。一方,鞭毛虫との間に負の相関関係があり,バクテリアの密度は鞭毛虫による捕食によって制眼されていることが示唆された。以上の結果より,富栄養な印旛沼のバクテリア数はトップダウン効果(鞭毛虫による捕食)だけでなくボトムアップ効果(懸濁態リンの濃度)によっても制眼されていることが示された。
索引語印旛沼;バクテリア;季節変動パターン;変動要因;解明
引用文献数17
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat