里地・里山に生息するツキノワグマ(Ursus thibetanus Japonicus)の耕作地への移動経路と利用パターン

里地・里山に生息するツキノワグマ(Ursus thibetanus Japonicus)の耕作地への移動経路と利用パターン

レコードナンバー812706論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010647NACSIS書誌IDAA11845727
著者名木戸 きらら
西野 自然
泉山 茂之
書誌名信州大学農学部AFC報告
別誌名Bulletin Shinshu University Alpine Field Center
信州大学農学部アルプス圏フィールド科学教育研究センター報告
発行元信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター
巻号,ページ9号, p.27-32(2011-03)ISSN13487892
全文表示PDFファイル (3397KB) 
抄録長野県上伊那地域では,毎年夏期にツキノワグマの里地・里山への出没および農作物被害が発生しており,被害対策として,主に有害鳥獣捕獲および移動放獣を行っている。本研究では,より効果的な防除対策を検討するため,2008年から2010年の夏期においてGPS首輪を用いた加害個体の行動追跡を行い,加害個体が里地へ出没する際の移動経路と利用パターンを調査した。その結果,加害個体は3年間で共通して山地から里地へ連続する林を利用し,夜間にトウモロコシ畑へ出没していた。また,2008年には,里地の林内において昼間に滞在する行動や,成熟時期の異なるトウモロコシ畑に時期をずらして出没する行動が見られた。このことから,クマが耕作地への移動経路に利用している河畔林の下草整備や,トウモロコシの成熟する期間以前に,効果的な電気柵を設置するなどの防除対策を併せて実施することが必要であると考えられた。
索引語Ursus thibetanus;里地;里山;生息;ツキノワグマ;耕作地;移動経路;利用パターン
引用文献数4
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat