佐久地域における炊飯米利用パンの開発

佐久地域における炊飯米利用パンの開発

レコードナンバー812714論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010647NACSIS書誌IDAA11845727
著者名岡部 繭子
春日 重光
書誌名信州大学農学部AFC報告
別誌名Bulletin Shinshu University Alpine Field Center
信州大学農学部アルプス圏フィールド科学教育研究センター報告
発行元信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター
巻号,ページ9号, p.93-98(2011-03)ISSN13487892
全文表示PDFファイル (422KB) 
抄録長野県佐久市において,米の新規利用と地域活性化を目的とし,炊飯米を添加したごはんパンの開発と市民に対する食味等のアンケート調査を行い商品化の可能性を検討した。ごはんパンは味噌とプルーンの2つの味を開発した。その結果,食味ではどちらの味も「すごく美味しい」および「美味しい」の回答を合わせると80%以上と比較的高い完成度であったが,「すごく美味しい」の回答は30%以下で特産品とするには更なる改良の必要性が示唆された。購入意思では,購入したいという回答は80%以上と高い値で,普及の可能性が大きいことが明らかとなった。
索引語味;回答;ごはんパン;開発;食味;可能性;購入したい;米;長野県佐久市;新規利用
引用文献数9
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat