岩手県におけるクサギカメムシのキリ樹上における発生と空間分布

岩手県におけるクサギカメムシのキリ樹上における発生と空間分布

レコードナンバー812919論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012701NACSIS書誌IDAN10544997
著者名高橋 健太郎
泉 憲裕
作山 健
吉川 信幸
書誌名岩手県林業技術センター研究報告 = Bulletin of the Iwate Prefectural Forestry Technology Center
別誌名研究報告
発行元岩手県林業技術センター
巻号,ページ13号, p.3-8(2005-03)ISSN13411438
外部リンク
全文表示PDFファイル (434KB) 
抄録岩手県のキリ樹上におけるクサギカメムシの発生および空間分布を明らかにするために,岩手県矢巾町の75本のキリを対象に1999年5月14日から11月2日まで,立木別にクサギカメムシの生息個体数を齢別に調査した。クサギカメムシの成虫は6月2日の調査で初めて観察された。6月14日以降は幼虫が観察されはじめた。これらの幼虫はキリ樹上に移動した越冬成虫が産卵を行い,それがふ化したものと考えられた。8月11日以降は新世代と考えられる成虫が観察されはじめた。新世代成虫がキリの樹上で産卵を行った形跡は観察されなかったことから,本調査地においてクサギカメムシは年1化と考えられた。6月2日から7月28日までに観察された越冬個体と考えられる成虫の木あたり生息個体数の度数分布はランダムな傾向を示した。一方,幼虫および新世代成虫の木あたり生息個体数の度数分布は集中的な傾向であった。幼虫の集中的な分布はクサギカメムシの産卵が1箇所あたり28粒程度である生態に主に起因するものと考えられた。
索引語クサギカメムシ;キリ樹上;岩手県;発生;空間分布
引用文献数9
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat