河川からの魚類の移動が可能な水田水域における魚類の利用・移動様式

河川からの魚類の移動が可能な水田水域における魚類の利用・移動様式

レコードナンバー813000論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014120NACSIS書誌IDAN00393090
著者名吉田 豊
石嶋 久男
藤澤 祐紀
水谷 正一
書誌名栃木県水産試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Tochigi Prefectural Fisheries Experiment Station
発行元[栃木県水産試験場]
巻号,ページ54号, p.25-26(2011-03)ISSN13408585
全文表示PDFファイル (153KB) 
抄録河川・水田水域間における魚類の利用・移動様式を明らかにするため、栃木県大田原市の水田水域において、灌漑期に遡上・降下魚の採捕を、非灌概期に魚類の生息状況の確認を行いました。これらの結果、主要種10種は水田水域の利用様式で4タイプ、移動様式で6タイプに分けることができました。種ごとに異なる特徴を持つことから、水田水域で増殖および保全活動を行う際には、それぞれの特徴に合わせた方法を検討する必要があることが分かりました。
索引語魚類;移動;河川;水田水域;利用;移動様式
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat