市場価格の高い規格卵(MS+M+L卵)の生産性向上

市場価格の高い規格卵(MS+M+L卵)の生産性向上

レコードナンバー813023論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00017747NACSIS書誌IDAA1140179X
著者名東 和彦
堀 久夫
吉本 信義
書誌名石川県畜産総合センター研究報告 = Bulletin of the Ishikawa Pref Livestock Research Center
別誌名Bulletin of the Ishikawa Prefectural. Livestock Research Center
Bull. Ishikawa List. Rese. Center
石川畜総セ研報
発行元石川県畜産総合センター
巻号,ページ38号, p.1-3(2006-03)ISSN1347913X
全文表示PDFファイル (240KB) 
抄録産卵後期以降の過大卵の発生を抑制し、規格卵(MS+M+L)の生産割合を高めるため、白色レグホーン種を供試し、49~79週齢の間、粗タンパク質含量17%飼料に対して、49週齢から64週齢の間、粗タンパク質含量15%、65週齢から79週齢までの間、13%及び49週齢から79週齢の間、粗タンパク質含量13%の低タンパク質飼料を給与した。1)低タンパク質飼料に切り替えると、卵重の増大が抑制され、対照区の卵重に対して試験1区では2.7g、試験2区では4.4gそれぞれ有意に小さくなった。2)低タンパク質飼料に切り替えると、産卵率が低下し、対照区に比べ試験1区では4.9%、試験2区では10.1%それぞれ有意に低くなった。3)低タンパク質飼料に切り替えると、卵重の増大が抑制され、対照区に比べ試験1区及び試験2区では規格卵(MS+M+L)割合はそれぞれ有意に高くなった。4)経済性は試験期間を通じて各試験区は対照区を下回ったものの、産卵中期においては、CP15%飼料を給与した試験1区が優れた。
索引語市場価格
引用文献数5
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat