島根県西部河川におけるアユ産卵場造成について(2)

島根県西部河川におけるアユ産卵場造成について(2)

レコードナンバー813052論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032127NACSIS書誌IDAA12210163
著者名高橋 勇夫
寺門 弘悦
村山 達朗
書誌名島根県水産技術センター研究報告
別誌名Report of Shimane Prefectural Fisheries Technology Center
発行元島根県水産技術センター
巻号,ページ3号, p.69-84(2011-03)ISSN18815200
全文表示PDFファイル (7698KB) 
抄録島根県西部の主要河川である,高津川と江の川では,近年の夏季から秋季の少雨傾向と,堰堤による洪水調整ならびに砂利供給量の不足により,下流部のアユ産卵場の環境は年々悪化している。そこで,2008年に引き続いて両河川におけるアユ産卵場の機能回復を「造成」によって行い,さらにそこでの産卵状態を検証した。高津川では3箇所7,170m2,江の川で1箇所3,660m2を造成し,うち産卵面積の割合は高津川で65%,江の川で50%であった。また,造成した産卵場のうち高津川の長田の瀬以外は10cm以上の埋没深があり「効果有り」と判断できた。
索引語島根県西部河川;アユ産卵場造成
引用文献数9
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat