クロダイ仔魚のいわゆる腹部膨満症発生要因に関する研究(1)

クロダイ仔魚のいわゆる腹部膨満症発生要因に関する研究(1)

レコードナンバー813075論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010505NACSIS書誌IDAN1016441X
論文副題シオミズツボワムシ培養過程の細菌汚染
著者名松本 紀男
安部 昌明
野坂 克己
書誌名香川県水産試験場研究報告
別誌名Bull. Kagawa Pref. Fish. Exp. Stn.
香水試研報
発行元香川県水産試験場
巻号,ページ3号, p.9-17(1988-03)ISSN09107045
全文表示PDFファイル (525KB) 
抄録1 クロダイ種苗生産時期の、バッチ方式のワムシ培養過程における細菌数を調査した。その結果、BTBティポール寒天培地で恒常的に10 2~10 3/100個体の生菌数が検出された。2 バッチ方式培養過程中のワムシ体内菌数の経時変化は、接種後6時間はやや減少し、1日あるいは2日後には接種時を上回り、その後ゆるやかに減少した。一方、V. alginoliticusは接種ワムシからの検出の有無にかかわらず、1日後には必ず検出され、しかも体内・培養水中ともに菌数は最高値を示した。3 栄養強化過程(以下2次培養)における24時間後のワムシの体内菌数はやや増加がみられる程度であるが、V. alginoliticusの占める割合は急激に高くなった。4 2次培養においてV. alginoliticusは培養開始後6時間では増加はみられなかった。このことから現行の24時間以上の培養時間を大幅に短縮することによって、投餌するワムシのV. alginoliticus保有菌数を減少させることは可能と思われた。5 ワムシの菌減少処理法を検討し、滅菌海水とニフルスチレン酸ナトリウムのそれぞれ1時間の浸漬処理は、現行の2次培養の24時間後と比較して体内菌数は1オーダー低かった。6 回収時のろ過海水による30分間のワムシ洗浄によって、体内菌数は1オーダー程度減少することが認められた。しかし、このワムシをさらに2次培養すると、24時間後の体内菌数は洗浄しない場合と変わらぬ菌数となった。7 2次培養槽のろ過装置の効果は、槽内における縣濁物の除去能力の向上によって、ワムシの体内菌数は減少することが認められた。
索引語クロダイ仔魚;腹部膨満症発生要因;研究;シオミズツボワムシ培養過程;細菌汚染
引用文献数11
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat