アルテミア幼生を介した稚魚へのフロルフェニコール経口投与の可能性

アルテミア幼生を介した稚魚へのフロルフェニコール経口投与の可能性

レコードナンバー813082論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010505NACSIS書誌IDAN1016441X
著者名栩野 元秀
加賀田 薫
三木 勝洋
書誌名香川県水産試験場研究報告
別誌名Bull. Kagawa Pref. Fish. Exp. Stn.
香水試研報
発行元香川県水産試験場
巻号,ページ4号, p.31-33(2003-02)ISSN09107045
全文表示PDFファイル (239KB) 
抄録生き餌しか食さない稚魚への薬の経口投与を目的に、アルテミアをフロルフェニコール(FF)の投薬カプセルとして利用することを考えた。海水中で10μm程度の顆粒となって懸濁するFF製剤“アクアフェン”(FF含量25mg/g)をアルテミアに摂餌させ、アルテミアが取り込むFF量を調べた。孵化したアルテミア幼生を27℃の“アクアフェン”懸濁海水中で、6時間培養した結果、“アクアフェン”濃度が高くなるとアルテミアの生残率が低下したが、アルテミアが取り込むFF量は増加した。“アクアフェン”50g/lの濃度で培養すると、アルテミア1個体あたり24.03×10 -9gのFFが取り込まれることが判った。通常のFF基準投薬量10mg/kg魚体重・日から計算すると、一日当たり、0.1gの稚魚で41.6個体のアルテミアを食せばよい結果となり、十分投薬可能なレベルであると考えられた。
索引語アルテミア幼生;稚魚;フロルフェニコール経口投与;可能性
引用文献数5
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat