合胞体形成を伴った壊死を主病徴とするマコガレイ仔稚魚のウイルス学的検討

合胞体形成を伴った壊死を主病徴とするマコガレイ仔稚魚のウイルス学的検討

レコードナンバー813104論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010505NACSIS書誌IDAN1016441X
論文副題CHSE-214細胞に発現した細胞変性効果とその電子顕微鏡観察
著者名一色 正
長野 泰三
書誌名香川県水産試験場研究報告
別誌名Bull. Kagawa Pref. Fish. Exp. Stn.
香水試研報
発行元香川県水産試験場
巻号,ページ12号, p.19-22(2011-03)ISSN09107045
全文表示PDFファイル (3484KB) 
抄録1989~2001年に香川県下の種苗生産場のマコガレイ仔稚魚に合胞体形成を伴った壊死を主徴とする原因不明の疾病がしばしば発生していた。1997年の凍結保存病魚をウイルス学的に検討した結果、組織の磨砕濾過液を接種したCHSE-214細胞に合胞体形成を特徴とする細胞変性効果が発現した。培養細胞の電顕観察では、未成熟なレオウイルス様粒子およびその前駆体様構造物を含む細胞質内封入体の形成が確認された。
索引語合胞体形成;主病徴;マコガレイ仔稚魚;ウイルス学的検討;壊死;発現;細胞変性効果;電子顕微鏡観察;体形;主
引用文献数8
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat