グルコン酸鉄の添加によるEucampia zodiacusの培養試験

グルコン酸鉄の添加によるEucampia zodiacusの培養試験

レコードナンバー813106論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010505NACSIS書誌IDAN1016441X
著者名大山 憲一
吉松 定昭
書誌名香川県水産試験場研究報告
別誌名Bull. Kagawa Pref. Fish. Exp. Stn.
香水試研報
発行元香川県水産試験場
巻号,ページ12号, p.27-31(2011-03)ISSN09107045
全文表示PDFファイル (405KB) 
抄録ノリ色落ち被害の要因の1つであるEucampia zodiacusを対象として、その増殖に及ぼすFeの影響を把握することを目的として、グルコン酸鉄を用いた培養試験を行った。グルコン酸鉄無添加の区でも添加区と同様に増殖するなど、飢餓培養が不十分で増殖に関するパラメーターを求めることはできなかった。しかし、グルコン酸鉄無添加の区が最も速く衰退し、しかも衰退期間がほぼ1日と極めて短期間であったことは、培養11~12日目には増殖に必要な因子が欠乏した結果、増殖が不能となったと考えられ、Feの欠乏がE. zodiacusの増殖に影響を与えていたと推察された。また、グルコン酸鉄の添加に伴って本種の比増殖速度は低下し、最大蛍光強度も低下する傾向がみられたことから、本種はグルコン酸鉄をある程度利用できるが、過剰になると増殖に悪影響を及ぼす可能性や、グルコン酸鉄に含まれるFe以外の要因が本種の増殖へ影響を及ぼす可能性も考えられた。
索引語Eucampia;zodiacus;グルコン酸鉄;添加;培養試験
引用文献数15
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat