有明海佐賀県海域におけるクルマエビ標識種苗の再捕尾数の推定と誤差評価

有明海佐賀県海域におけるクルマエビ標識種苗の再捕尾数の推定と誤差評価

レコードナンバー813189論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012373NACSIS書誌IDAN10412839
著者名山口 忠則
伊藤 史郎
北田 修一
書誌名佐賀県有明水産振興センター研究報告 = Bulletin of Saga Prefectural Ariake Fisheries Research and Development Center
別誌名Bull. Saga Prefect. Ariake Fish. Res. Dev. Cent.
佐有水試研報
発行元佐賀県有明水産振興センター
巻号,ページ21号, p.1-5(2003-07)ISSN09191143
全文表示PDFファイル (354KB) 
抄録クルマエビ放流効果の評価方法を確立するため、尾肢切除した標識個体を放流したのち、源式網標本船からの漁獲物買い上げ調査によって再捕尾数を推定し、2段サンプリングの定式を利用して誤差評価をおこなった。また、推定値の誤差を小さくする適切な買い上げ日数と標本船数を検討した。再捕尾数の分散については、日々の漁獲量が天候や海況に影響されやすいなどの理由から、日間分散が船間分散より大きいという特徴がみられ、精度向上のためには買い上げ日数を増やせばよいことが明らかになった。さらに費用関数から1標本船につき3日または4日の買い上げが必要と思われた。また、今回再捕が確認された7月後期、8月前期、8月後期、9月前期における買い上げ日数の合計33日の適切な配分は、ネイマン配分から4、11、15、3日となり、その時の適当な標本船は1、3、4、1隻と考えられた。
索引語有明海佐賀県海域;クルマエビ標識種苗;推定;誤差評価
引用文献数15
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat