繁殖母牛の飼養改善と子牛育成技術の確立

繁殖母牛の飼養改善と子牛育成技術の確立

レコードナンバー813255論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20031758NACSIS書誌IDAA12193687
論文副題TMR中の粗飼料と濃厚飼料の比率が子牛育成成績に及ぼす影響
著者名金城 靖
荷川取 秀樹
長利 真幸
宮城 正男
書誌名試験研究報告
別誌名Bulletin of the Okinawa Prefectural Livestock and Grassland Reserch Center
Bulletin of the Okinawa Prefectural Livestock and Grassland Research Center
Bulletin of the Okinawa Prefectural Livestock and Grassland Rese[a]rch Center
沖縄県畜産研究センター試験研究報告
発行元沖縄県畜産研究センター
巻号,ページ45号, p.11-15(2008-08)ISSN18836496
全文表示PDFファイル (263KB) 
抄録離乳後の黒毛和種子牛の発育向上を目的に,120日齢から240日齢までの黒毛和種去勢子牛12頭を用い,120日から150日までをI期,150日から180日までをII期,180日から210日までをIII期,210日から240日までをIV期とし,混合飼料(Total Mixed Ration: 以下TMR)の混合割合を120日齢から240日齢までの全期間の粗飼料:濃厚飼料(以下: 粗濃比)を4:6で給与した区をA区,120日齢から180日齢まで粗濃比を3:7,180日齢から240日齢まで粗濃比を4.5:5.5で給与した区をB区とし,乾物(以下DM)摂取量,増体量,体高,胸囲,腹囲を調査した結果,以下のとおりであった。1.1日1頭当たりのDM総摂取量は,I期からIII期まではB区の方が多かったが,IV期はA区の方が多く摂取したが有意な差はなかった。可消化養分総量(Total Digestible Nutrients: 以下TDN)摂取量はI期とII期はB区が有意(p<0.01)に多く摂取し,III期では4.33kgと同じ値になり,IV期はA区が有意(p<0.01)に多く摂取した。粗たんぱく質(Crude Protein: 以下CP)摂取量についてB区がI期とII期に有意(p<0.01)に多く摂取し,A区がIII期に有意(p<0.05)に,またIV期にも有意(p<0.01)に多く摂取した。2.1日当たり増体量(以下DG)は,I期とIII期はB区が大きくなり,II期とIV期ではA区が大きくなったが有意差はなかった。試験期間内のDGはA区が1.06kg,B区が1.08kgであった。3. 体高,胸囲,腹囲においては全期間をとおしてB区の方が高くなったが,試験終了時から試験開始時の値を引いた値に有意な差はなかった。以上のことから,黒毛和種子牛へのTMR給与において,配合割合を粗濃比4:6で給与しても,粗濃比を180日齢まで3:7,180日齢以降は4.5:5.5と変更しても同じ増体成績が期待できると推察された。
索引語繁殖母牛;飼養改善;子牛育成技術;確立;粗飼料;濃厚飼料;比率;子牛育成成績;影響
引用文献数8
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat