温湯浸漬を用いた熱ショックにより誘導されるキュウリの灰色かび病抵抗性とその機作

温湯浸漬を用いた熱ショックにより誘導されるキュウリの灰色かび病抵抗性とその機作

レコードナンバー813344論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名芳野 未央子
Widiastuti A.
長谷川 守文
佐藤 達雄
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ10巻・ 3号, p.429-433(2011-07)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (476KB) 
抄録熱ショックがキュウリの病害抵抗性に及ぼす影響を検討した。灰色かび病接種試験では40℃,2分の地上部温湯浸漬処理により,病斑の大きさが有意に小さかった。熱ショック処理した葉のサリチル酸の集積ならびに病害抵抗性関連遺伝子であるペルオキシダーゼ遺伝子(POX; 91372)の発現を分析した結果,40℃,2分の処理によりサリチル酸は増加し,POXの発現レベルが増大した。また温湯を部分的に処理した個体であっても,処理した葉だけでなく,未処理部位においてもPOXの発現増大がみられた。以上の結果から,温湯浸漬処理によりキュウリに灰色かび病抵抗性が誘導でき,その機作には,少なくとも全身獲得抵抗性(Systemic Acquired resistance)が関与していると考えられた。
索引語温湯浸漬;熱ショック;誘導;キュウリ;灰色かび病抵抗性;機作
引用文献数20
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat