春まきコムギ新品種「はるきらり」の育成

春まきコムギ新品種「はるきらり」の育成

レコードナンバー813397論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20039729NACSIS書誌IDAA12521265
著者名中道 浩司
佐藤 導謙
吉村 康弘
小林 聡
西村 努
池永 充伸
足利 奈奈
荒木 和哉
柳沢 朗
今 友親
吉田 俊幸
土屋 俊雄
白井 滋久
鈴木 孝子
白井 和栄
奥村 理
書誌名北海道立総合研究機構農業試験場集報 = Bulletin of Hokkaido Research Organization Agricultural Experiment Stations
別誌名道総研農試集報
発行元北海道立総合研究機構農業研究本部
巻号,ページ95号, p.25-37(2011-03)ISSN21861048
全文表示PDFファイル (8811KB) 
抄録春まきコムギ「はるきらり」は,1994年に北海道立中央農業試験場において,高い生育量を保有する「C9304」とパン用良質の「Katepwa」のF1を母とし,穂発芽耐性の優れる「春のあけぼの」を父として交配した雑種後代から育成された。2002年に北海道立北見農業試験場へ移管され,2007年に北海道優良品種に採用され「はるきらり」の名で出願公表された。本品種は,成熟期が「ハルユタカ」,「春よ恋」とほぼ同程度の中生である。稈長は「春よ恋」と同程度で,耐倒伏性は「ハルユタカ」より劣るが,「春よ恋」より優れる。子実重は「ハルユタカ」より多収で「春よ恋」並からやや優れる。赤さび病抵抗性は「ハルユタカ」,「春よ恋」より優れるが,うどんこ病抵抗性は「ハルユタカ」より劣る。赤かび病抵抗性は「ハルユタカ」より優れ,「春よ恋」並である。赤かび病発生時の子実のデオキシニバレノール蓄積が「ハルユタカ」,「春よ恋」より少ない。穂発芽耐性は明らかに優れる。製粉性は「ハルユタカ」よりやや劣る。原粒蛋白含量はやや低く,生地特性,製パン適性は「ハルユタカ」より優れ,「春よ恋」に近い。栽培適地は北海道の春まきコムギ栽培地帯一円である。
索引語春まきコムギ新品種;育成
引用文献数32
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat